2つの種類について知る

stress

現在日本で使用されているアフターピルの種類は2種類あります。病院やアフターピル通販で購入することができますが、まず、ノルレボというアフターピルと、ウリプリスタール酢酸エステルです。体に合う種類を選び安全に買いましょう。

女性の味方となるもの

sad

避妊をせず性行為をしてしまったときや、なんらかの形で緊急に避妊薬を要するとき。女性の味方となる薬がアフターピルです。急きょ購入したいが病院へ行く時間がないという方は、通販から購入されてみてはいかがでしょうか。

気軽に購入できる

 aghast

アフターピル通販が人気の理由は、やはり自宅からいつでもどこでも購入できるから。スマホがあれば外出中や仕事がある日でも注文することができますし、わざわざ病院へ行く手間がかからないことが人気です。

相場について知っておく

physics

アフターピル通販で販売されているアフターピルの金額の平均は、3000円前後です。2,000円代の商品もあれば、まとめ売りで配送料込み5,000円というものもあります。病院で処方してもらう際は保険適用外の種類だと高額です。

安い価格で利用できる

curative

個人輸入代行で購入すると、アフターピルの値段が病院で処方されるものよりも、半額以下の値段で買うことができます。値段が高いから買えないと悩んでいた方は、アフターピル通販を利用されてみてはいかがでしょうか。

緊急用として持っておく

dismay

アフターピルとは、避妊できなかった時のための緊急避妊薬のことです。通常の低用量ピルは性行為を行う前に飲んでおき、避妊をするという効果を得ることができますが、アフターピルは性行為を行った後に飲む薬です。日本の産婦人科ではプラノバール錠またはノルレボ錠という薬が処方されます。通常ならこの2つのアフターピルが処方されますが、アフターピル通販でも販売されているように、この2つ以外にも種類はたくさんあります。海外では様々なアフターピルが販売されており、アフターピル通販ではその海外で製造されたものを購入することができます。日本では様々な通販サイトがありますが、アフターピルにはアフターピル専門の通販があります。

アフターピル通販もたくさんあるので、どのサイトで買うべきなのか通販を選ばなければいけません。通常、一般の医薬品を個人で使用する場合一定量であれば個人で輸入することができます。それを代行して輸入してくれるサービスが、アフターピル通販です。アフターピルは、性行為を行ったその時から72時間以内に飲まなければ効果を発揮しません。つまり、通販で購入する場合でも必ず性行為前後に購入しておき、3日以内に飲まなければいけないという注意点があります。それ以上過ぎてしまうと意味がありません。通販で買うときには、残りの時間を意識しながら購入しましょう。もしくはあらかじめアフターピル通販から購入して持っておくと安心です。

Medicine